バストアップサプリ - ストレスの解消こそバストアップの秘訣

バストアップには、マッサージ、女性ホルモンの活性化、血行促進など色々な方法がありますが、バストアップサプリメントやストレスの解消も実はバストアップには欠かせないのです。

いやむしろ、ストレスの解消こそバストアップの秘訣とも言えるかもしれません。

日々、たくさんのストレスにさらされている私たちの生活ですが、過剰なストレスはさまざまは不調をもたらします。

よく知られているものに、不眠や胃腸の不快感、肌荒れなどがありますが、バストアップを妨げている原因にもなることがあるのです。

バストそのものは、そのほとんどが脂肪で、乳腺も一部バストを形作っています。乳腺はバストの一部となっているだけでなく、ハリのあるバストを保つには欠かせないものです。また、乳腺からは女性ホルモンが分泌されているので、バストを育てる働きもあります。

ホルモンの分泌というのは、体にとって非常に繊細な作業であり、ちょっとした刺激などで変化してしまいます。

女性であれば毎月の月経で、女性ホルモンの分泌量や種類が変化していますが、それによる体の変化も多くの人が経験しているでしょう。

そして、女性ホルモンはストレスに非常に敏感です。過剰なストレスはホルモンバランスを壊し、女性ホルモンの分泌を妨げてしまいます。

これにより肌荒れといった症状のほか、乳腺の発達を阻害し、バストアップにも影響が出てしまう可能性があるのです。

しかも、ストレスを感じたり、それによる肌荒れを目にしてしまうと、それがさらなるストレスを生みます。

“ストレスを感じる→肌荒れする→それを見てストレスを感じる→ますますストレスがたまる→肌荒れする”というまさに悪循環です。これはなるべく早い段階で断ち切らなくてはなりません。

まずは、自分の好きな、気分転換になるようなことを思いっきり楽しんでみるというのはいかがでしょうか。

肌荒れ対策やストレス解消を意識しすぎるのではなく、自然に好きなことに取り組んでみましょう。

そうすることで少しずつストレスが解消されていくかもしれません。バストアップもそれから自然についてくることです。あまり神経質にならずに、自分にご褒美をあげてくださいね。

成長ホルモンの注入でバストアップ

医療技術を使ったバストアップといえば豊胸手術がよく知られていますが、体にメスを入れることにちょっと抵抗があるという人もいるでしょう。

メスを使わない、バストアップが期待できる医療技術には、成長ホルモンの摂取という方法があります。

一般的に、女性であれば10歳前後から第二次性徴が始まり、12歳くらいの頃、バストが成長していくことが多いです。

この時期には成長ホルモンがたくさん分泌され、それをラクトゲン受容体が受け取ることでバストの成長を促します。

ラクトゲン受容体とは乳腺の中にあるものですが、これが活発に働く時期もだいたい同じころになります。

しかし個人差があるのも事実で、10代の頃はそれほど活発に働かず、20代、30代になってから活発になるという人もいるほどです。

このようにバストが大きくなるには、成長ホルモンとラクトゲン受容体がそれぞれ活発に働くことが重要ということになります。しかも、同じタイミングで活発に働くことがポイントです。

たとえば成長ホルモンが活発に分泌されていても、それを受け取るラクトゲン受容体が十分に働いてなければ、十分なバストの成長にはつながりません。

逆に、ラクトゲン受容体が活発に働きをなしていても、成長ホルモンが分泌されなければ、同じく十分なバストの成長が期待できません。

バストが小さい人は、このふたつの因子の働きのタイミングが合っていなかった可能性が高いのです。そこで、成長ホルモンを摂取することでバストアップをはかります。

ただしこれが有効なのは、ラクトゲン受容体が十分に働いている場合です。いくら成長ホルモンを摂取しても、受け取る側の体制が整っていなければあまり意味がありません。

このあたりの判別は、素人にはできないので、そういったことを専門に行っている医療機関で相談するのがよいでしょう。

もちろん、成長ホルモンを人為的に摂取するという行為は、まったくリスクがないわけではありません。体質的に摂取そのものができない人もいますし、合わない人もいます。

そういったこともあるということをしっかりと理解した上で、相談してみてくださいね。

運動やトレーニングとバストアップの両立

バストアップを気にする方のなかには、バストだけではなくボディ全体の美しさを目指している場合もあるでしょう。ボリュームのあるバストを手にいれると同時に、美しくやせたい、健康的な筋肉をつけたいなどなど・・・。

そのため、なんらかのバストアップ方法を行いながら、トレーニングやジョギングなども進めている方もいらっしゃるかもしれません。

とても志の高い、素敵なことですね。運動は美容だけでなく、健康にもいいことですので 是非バストアップと健康美、どのどちらも叶えていただきたいと感じます。しかし、そんな美意識の高い女性に気をつけてほしいことがあるのです。

トレーニングやジョギングなどを行っている時、しばしば体を大きく動かすことがあるはずです。その時、バストも一緒に揺れてしまってはいないでしょうか?

バストの上部分には、バストを上から持ち上げているクーパー靭帯というものが存在しています。

このクーパー靭帯は、強く揺さぶられたり、また強くマッサージをされることによって切れてしまい、しかも一度切れてしまうと元にもどることはありません。

クーパー靭帯が上から持ち上げてくれていたバストは、クーパー靭帯が切れることによって 支えるものを失ってしまい、垂れ下がってしまうのです。バストの位置が下がった、10代までお椀型の綺麗なバストだったのに、いまは印象が変わった。

このような現象は、クーパー靭帯が切れることによって引き起こされてしまいます。美しくなるために行っているはずの運動やトレーニングで、バストが垂れ下がってしまう、ということなのです。

それでは、バストアップと運動・トレーニングを一緒に行うことはできないのでしょうか?

じつは一概にそうとは限りません。確かに、なんの対策もとらないでいれば、トレーニングや運動を重ねるごとにバストの位置は悪くなってしまうでしょう。

しかし、運動やトレーニング専用のスポーツブラなどで固定し揺れを防ぐことでクーパー靭帯を守ることが可能です。

いろいろなスポーツメーカーやブランドから、機能性に優れたスポブラが登場しています。運動やトレーニングの揺れから守り、バストアップと健康美の両立を目指してください。

バストアップサプリメントの飲み方とは?

バストアップサプリメントを、より効果的に摂取する飲み方が存在していることをご存知でしょうか?

もしもこれまで、バストアップサプリメントを試した経験をお持ちの方の中に 「結局、サプリメントも効果がなかった!」と感じていらっしゃる方がいれば、 もしかするとそれは飲み方に問題があったのかもしれません。

ぜひ正い飲み方をマスターし、もう一度より効果的にサプリメントを試してみてはいかがでしょうか?

じつは、バストアップサプリは同じものを一ヶ月飲み続けても効果がありません。 私たち女性の体は、一ヶ月を大きく二つに分けることができるのですが、 この二つの期間でそれぞれ異なるより効果的なサプリメントを飲むことが大切なのです。

では、どの二つの期間とはなんなのでしょうか? 一つ目が、「排卵期」、そして二つ目が「黄体期」と呼ばれています。

たとえば、バストアップサプリメントに配合される成分の中でもメジャーなプエラリアですと、二つのうち排卵期に飲むことが好ましいとされています。

もしも逆に、プエラリアを黄体期に飲んでしまった場合、副作用などのリスクが高まり 体調不良に陥ってしまうケースもあると言われているのです。

もしも、一ヶ月通してサプリメントを飲みたいとお考えなのであれば、 排卵日のプエラリアと、もう一つ黄体期用の別のサプリメントを用意しなくてはいけないということになりますね。

また、バストアップサプリメントは女性ホルモンに作用する物が多く、 生理中ですと女性ホルモンの分泌異常が起こってしまう危険性もあります。

商品によっては生理中に飲むことができないサプリメントも少なくはありません。 バストアップサプリメントは、飲む時期を慎重に判断してくださいね。

最後に、バストアップサプリメンとはものによって飲むタイミングが異なってくることがあります。

飲む前に、いつ、どのようなタイミングで飲めばいいのかをキチンと把握し、 安全に、そしてより効果的に利用するように心がけてくださいね。

ページの先頭へ