葉酸サプリの成分と価格について

どのような葉酸サプリを選ぶかというのは人によって基準が違いますが、安全で安心して飲めるものを選ぶことが大切です。葉酸サプリであればどれでもいいと考えるのではなく、できるだけ添加物が加えられていない無添加のものを選びましょう。

葉酸といえば、妊婦さんや妊娠を希望している方が積極的に取りたい栄養素ということもあり、安全性には十分にこだわった商品選びをしたいものです。体に良いものを取り入れようと葉酸サプリを飲んでいるのに、実は赤ちゃんに悪い影響を与える成分が含まれていたということになると大変ですよね。

必ずしも天然成分100%の葉酸サプリでなければ妊婦の体や赤ちゃんに害があるというわけではありません。天然成分を使って作られたサプリメントの中にも残留農薬の心配が残ってしまうものはあります。

そのため、無添加、無香料の天然成分サプリメントであれば必ずしも安心と考えてしまうのではなく、細かいところまで確認した上で比較した方がいいでしょう。

商品選びをする際のポイントについてですが、他のものに比べてあまりにも価格が安いものは避けておいたほうがいいです。極端に安いものは安くつくれる理由があると考えましょう。 しっかりとした成分で安心安全な葉酸サプリを作ろうとするとどうしてもある程度の費用がかかってしまうものです。

もちろん高ければ高いほど良いというものではありません。価格だけを比較するのではなく、どういった栄養素や成分が含まれているのかということをしっかり確認しておきたいところです。

葉酸サプリの中には葉酸以外にも様々な栄養素が含まれているものがあります。例えば妊婦さんや妊娠を希望している方が積極的に取り入れたい栄養素を配合しているものもあるので、まずは自分に足りていない栄養素を考え、それらを補えるサプリメント選びをしてみてはどうでしょうか。

有名なものであれば必ずしも自分に合っていると考えるのではなく、飲用者の口コミなども参考にしながら慎重に商品選びをしたいですね。
全国健康保険協会

葉酸を摂取すべきなのはいつ?

特に葉酸を摂取したいのは妊娠をしている方や妊娠や希望している方、それから授乳婦さんなどです。もちろん妊娠とは関係がない方も一つの栄養素として摂取することをおすすめします。

ですが、妊婦さんなどは一日の必要量がとても多いので、わざわざ葉酸を摂取しなくても食料から十分な量が取れているだろうと考えてしまうのはやめておいたほうがいいです。実際にアメリカなどの国々では、十分な量の葉酸を摂取できるように様々な取り組みが行われています。

日本も今後そのような状態になっていくかもしれません。葉酸といえば妊娠をしてからたくさん摂取した方が良いものというイメージがありますよね。確かにそうなのですが、妊婦さん以上に葉酸を摂取したいのは妊娠を希望している女性です。

そもそもなぜ妊婦さんに葉酸が必要とされているのかというと、赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを低減するためです。特に受胎後7週までの間に十分な葉酸を取り入れておくことが重要となります。

では、妊娠がわかってから飲み始めればいいのではないかと思う方もいるかもしれませんが、赤ちゃんが生まれる日などを正確に予想するのは非常に大変なことですよね。そこで、妊娠をしたいと思っている女性は普段から葉酸を取り入れたほうがいいと言われているのです。

つまり、妊娠したいと考えている方は今日からでも葉酸を取り入れるようにするといいでしょう。また、無事妊娠することができたら、その後は葉酸が必要なくなるというわけではありません。

それから出産後も授乳期間を含め、しばらくは葉酸を取りましょう。毎日十分な量の葉酸を食事から取り入れるのは大変なことなので、サプリメントも活用しながら上手に取り入れていくと良いですね。

妊娠・出産が終わり授乳期間も終了した後は、基本的にサプリメントなどから葉酸を摂取する必要性はなくなります。

これは赤ちゃんが食事から栄養素を摂取するようになるためです。 ただ、現代人は葉酸が不足しやすい食生活を送っているため、栄養管理という意味で適切な量の葉酸を取り入れるようにしてみてはどうでしょうか。

葉酸は女性だけ摂ればいい?

葉酸は妊婦や妊娠をしたいと思っている女性が積極的に取るべき栄養成分という認識が強いかもしれません。

そのため、男性で葉酸サプリを飲んでいるという方は少ないのではないでしょうか。また、特に妊娠を希望していない女性の場合、葉酸という栄養素について考えたことがあるという方は多くないはずです。

ですが、男性にとっても葉酸という栄養素はとても重要なものだといえるでしょう。これを研究し、発表したのはブレンダ・エスケナジという方です。

ブレンダ・エスケナジ氏は、葉酸と精子の染色体異常の関係について研究・発表しています。 精子の染色体異常は健康な男性にも発生してしまうものではありますが、葉酸の摂取量が多い男性は精子量が少ない男性と比べ染色体異数性が20~30%低いという結果が出たのです。

健康な赤ちゃんを産むというとどうしても女性の体の健康に関することばかりを考えてしまいがちですが、健康な精子を作るためにも男性も葉酸の摂取量に注意してみてはどうでしょうか。

まだ、葉酸と精子の染色体異常に関する研究結果から出たデータ内容に関するメカニズムなどは解明されていないのではっきりとは言えませんが、葉酸=女性のための栄養素とは言えません。

また、厚生労働省も成人男性の葉酸摂取量として240μgを推奨しています。 これは食事から摂取する食事性葉酸に対する数字であるため、葉酸サプリに換算をすると推奨量は約140μgです。

葉酸はたくさん摂れば摂るほど良いというものではなく上限が決められているため、この点だけは注意しておきましょう。サプリメントの中には一粒で十分な量の葉酸が摂取できるものも多く、過剰摂取にはならないように気をつけていきたいところです。

葉酸不足が気になるということであれば、できるだけ食事から取り入れたうえで不足分はサプリメントを上手に活用してまかなうようにしてみてはどうでしょうか。

男性の精子が作られるのには3ヶ月ほどの時間がかかるため、葉酸サプリを取り入れればすぐに効果が得られるとは言えません。女性と同じく男性も健康管理の一環として、葉酸サプリを取り入れましょう。

冷えとストレスは葉酸で対策を取ろう

妊娠中に抱えがちな悩みといえば、冷えです。妊娠することによってそれまでと体調が変わりやすくなりますが、妊娠前は冷えなど感じたことがない方でも妊娠してから体が冷えることに悩まされてしまう方は少なくありません。

冷えというのはただ体が冷たくなっているだけではなく、妊婦や胎児に対して様々な悪影響をもたらす可能性があるので注意が必要です。特に妊娠初期にひどい冷えに悩まされてしまう場合、早産や難産に繋がってしまうことも考えられます。

つわりがひどくなるのも冷えが関係しているケースがあるため、体を冷やさないように注意しましょう。ただ妊娠中の冷えというのは体を温めておけば解消できるというものではありません。

そこで、体の内側から対策を取るためにも葉酸サプリを取り入れてみてはどうでしょうか。 葉酸は造血ビタミンとも呼ばれており、血流を促進するのにも役立ちます。

一般的な冷え性対策をすることも重要ではありますが、それに加えて葉酸でも対策をとるといいですね。一般的な冷え性対策として、冷たいと感じるところは温めることが大切です。 例えばゆっくりお風呂に入ってみたり、靴下を重ねばきするのもいいでしょう。

次に、妊娠中のストレス対策にも葉酸が役立ちます。妊娠中にお母さんがストレスを感じ続けてしまうと、赤ちゃんに喘息やアレルギーなどの症状が起きる可能性が高くなってしまうのですが、ストレスを緩和するためにも葉酸が役立つのです。

葉酸には精神を穏やかに調整する働きがあるため、ストレスの緩和はもちろんのこと、うつ病の改善にも効果があります。

このように冷え性やストレス改善のために葉酸を取ることはとても重要です。ただ、食事からたくさんの葉酸を摂取するのもいいのですが、葉酸は水溶性のビタミンの一種とされています。

水溶性ということは一度にたくさん摂取したとしても使われなかった分は尿などと一緒に体外へ排出されてしまうということ。そのためこまめに取り入れることが大切なのですが、毎食でたくさんの葉酸を取り入れることはとても大変ですよね。

サプリメントであれば手軽に確実に葉酸が摂取できて非常に便利です。

ページの先頭へ