妊娠前における葉酸の摂取について

妊娠を希望する女性にとって、葉酸は欠かすことが出来ない栄養素だと言うことはご存知でしょうか。 赤ちゃんの健康と成長を促す役目を持つとても大切な栄養素が葉酸です。

そんな赤ちゃんに大変大事な葉酸ですが、妊娠前や妊活中では葉酸は摂取したほうが良いのでしょうか。

妊娠を希望している方に、より良い葉酸の摂取の仕方をご紹介しましょう。

まず、妊娠前にも葉酸が必要なのか不要なのかということですが、葉酸は妊娠前の女性の体にはとても重要な役割を果たす必要な栄養素だと言えます。

妊活を経てお腹に赤ちゃんが宿った場合、神経管閉鎖障害のリスクを減らすために葉酸はとても有効に働いてくれます。

神経管閉鎖障害とは、とても重い先天性の疾患です。そんな疾患のリスクを栄養素により減らすことが出来るなら、摂取しないわけには行きませんね。

欧米ではかつて神経管閉鎖障害がとても高い確率で発症していました。 しかし、妊活中の女性を対象に葉酸サプリを摂取してもらったところ、 神経管閉鎖障害の発症率が低下したという結果があります。

では、妊活中の女性にはどれくらいの葉酸が必要なのでしょう。 厚生労働省では葉酸摂取量の推奨量を発表しています。 その量は、通常の食事に400μgを摂取することが良いとされています。

では400μgとはどれくらいなのでしょう。 葉酸が豊富に含まれるほうれん草で見てみると、400μgを摂取するには茹でたほうれん草1.5kgが必要になってきます。

どう頑張ったとしてもそのような量は食べれるものではありませんね。 しかし、これほどの量を摂取することが進められているということは、葉酸の重要性がわかるでしょう。

野菜や食品などに含まれている葉酸は、加熱調理などによりうしなわれます。 したがって、通常の食事プラス400μgの葉酸を摂取するためには、 やはりサプリメントや栄養補助食品を上手に利用すると良いでしょう。

葉酸は通常の食事では特に不足しがちな栄養素です。 食事からの摂取を気をつけると同時に、サプリメントを併用して元気な赤ちゃんに会えるように頑張ってくださいね。

ページの先頭へ